フアイア顆粒の製造方法

製造工場のイメージ

フアイア顆粒は中国上海のGAITIENLIの工場でキノコの菌糸体から独自の製法で長期間培養することで製造されます。そして、本邦にて再度の品質チェックを経て梱包されます。

フアイア顆粒はGAITIENLIの独自の技術で製造されています。

フアイア顆粒は、槐(えんじゅ)の老木に寄生するキノコのひとつである学術名trametes robiniophila murrの菌糸体を工場内で培養する独自技術で作られています。槐の老木にしか寄生しないキノコであるtrametes robiniophila murrは、稀少にて大量消費にはまったく向きません。そこでこの菌糸体を増殖させ培養して、エキス化したものがフアイア顆粒です。よってフアイア顆粒はすべての製造工程が工場内で完結しますので、永続的にフアイア顆粒の生産が可能です。そして製品の均質性が担保され、効果と安全性も保証されています。

また、フアイア顆粒は中国では抗がん新薬として認可されているため、医薬品の安全性基準(世界標準)が満たされています。一般的な健康食品とは異なり、抗がん剤として認められているものが、本邦では健康食品として流通していることが、フアイア顆粒が他のすべての健康食品との違いの一つであると言えます。